褐色の食通

わ蔵【新宿駅】カレーを食べた後に博多出身者が唸る本格豚骨ラーメンをシバく!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

どーも皆さん、おはこんばんちは〜ん。

ぶるちゃんだ!

さて、この日は先日のシャチョサンとカレー&お酒をシバいた後に、博多出身のヒラ〜リ社長のオススメするここ「わ蔵」さんにお邪魔したぞ。

豚骨ラーメンと言えばよかろうもんのこってりコールが至高のぶるちゃんであるが、本場の人が「ザ・博多ラーメン」と語るこの店をしっかり味わっていこうじゃないか。

お店の場所はここや!

▼場所


住所:東京都新宿区歌舞伎町1-10-11 平沢第一ビル 1F

▼営業時間
  • 24時間営業!
  • 年中無休
▼外観

歌舞伎町は混沌としているが路地裏でもビビらずに入っていこう。外観的な特徴としては、特注麺の箱があることやな!

▼わ蔵さん特注の麺が入っていたと思われる箱こだわりを感じ、期待が高まるぞ!

sponsored link

食券規制のため、入店して食券を購入!例によって酔っ払っていたため、食券機おろか、卓上調味料さえ撮り忘れる始末!

しかし、こんなものを激写したぞ。

▼麺の湯で時間表粉落とし2秒てなんや!ちなみに博多出身者のシャチョサンも博多では粉落としは頼まないと言っていた。

お!こんなものも発見!

▼豚骨ラーメンの効能本当にこんなに体に良いなら毎日シバくのだが、太りそうなのでやめておこっと!

尚、卓上調味料は紅生姜、ゴマ、ラーメンのたれ、胡椒までは覚えているが、その他はあまり記憶にない。高菜がなくて残念に思ったのは覚えているが、一部食べ放題なだけでも感謝感激や!

と、感激していると着丼!

▼豚骨ラーメン美味そうや!トムソーヤ!見た目的にはよくあるタイプの豚骨ラーメンと言えばそうなのだが、なんちゃって店には無い色の濃さが見てとれるな!

プースーからいってみよう。

sponsored link

ウマン!粘度はなくサラサラとした口当たりだが、業務用豚骨スープにはないしっかりとした豚骨の風味が感じられるぞ!

お次は麺だ!

▼麺ウマン!同じような細麺でも、博多天神さんよりタイプやな。

▼一気にすすり替え玉を注文や!尚、ぶるちゃんは予め食券機で替玉を買っておいたのだが、その場でお金を払っても追加できるぞ!

▼チャーシューこのチャーシューはぶるちゃんが好きそうな見た目に反し、香りが苦手な感じであったが丁度いい箸休めになったのであった。

総じて、やはり豚骨ラーメンと言えば不動の一位、よかろうもんさんのこってりコールであることは間違い無く、もはやよかろうもんさんの様に粘度を感じる豚骨が至高となっているぶるちゃんであるが、友人曰くザ・博多ラーメンであることは間違いない!しっかりと豚骨出汁をとっており、眠らない街歌舞伎町で豚骨の風味をビンビンに感じられる貴重なお店なので、君も是非、わ蔵さんにお邪魔してみてはいかがか!

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

Copyright© ぶるちゃんグルメ , 2020 All Rights Reserved.