褐色の食通

生姜焼き丼を作ってシバく!以前に書いた生姜焼きの補足事項も載せておこう!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

はい、皆さんおはこんばにちは~ん。

ぶるちゃんだ!

「ぶるちゃんの作る料理は美味しいのかもしれないけど、美味しそうに見えない」なんていう輩のために、インスタでヒントを得てな。

要するに丼飯に、何かと卵黄を添えれば美味そうに見える説を実行してみたぞ。

今回は生姜焼き丼を作っていくのだが、生姜焼きは以前の記事で書いたので、作り方はそちらを参考にしていただきたい。

ただ、あれからぶるちゃんも生姜焼きを更に研究してな。過去記事で一点補足しておきたいのだが、玉葱を炒める時は必ず塩をふることを付言したい。

そうすることで、玉葱自体の味が引き出されて、玉葱自体が豚の脂を吸い激ウマになるからだ!

これは必須事項なので、必ずやる様に!

さて、早速作っていこう。以下に工程を載せるぞ!

▼作り方

▼①ライスを丼に盛る。ほかほかだ!ほとばしる湯気が君に見えるか?!

いや、写真なので分からないであろう。ごめんね。

▼②過去記事プラス前述した玉葱調理をした生姜焼きを丼にのせる!

既に美味そうじゃないのぉ!

尚、今後の工程を考えて、真ん中にはくぼみを作っておくことをオススメするぞ!

▼③卵黄を中央に乗せ、葱を散らす。これで完成や!

インスタグラムで何とか飯、とか載せている人がイケてたのでやってみたのだが、う~ん葱はもうちょっと細かく切った方が良かったかな?

早速シバいていくと、生姜焼きとライスの一体感があいまってウマウマウマンだが、生姜焼きを作る際に出た汁というか、ソースはたっぷり目にかけることをオススメするな。

もっとも、ライスと生姜焼きを別々にシバいてもウマンだがな。

▼卵黄を割っていこう。

あらあらあら…!必ず美味いやつじゃないか!

この絵は食の過激写真ヨ!規制がかからない様に今後気をつけようじゃないか~!

卵を潰すと、更に米がすすみ、どんどんシバいていき…

▼流れ落ちる黄身に醤油をかける。世界遺産となる滝でもここまでの存在感はだせないであろう。

若干写真がボヤけてしまっているがな。ハッハッハ。

この後、結局残った生姜焼きとライスは別々に食べました。味は、あまり変わらなかったから意味なかったやも!

今後はインスタ映えも考えて調理していきたいな~!

君も是非、自分だけの丼作りに精を出してみては如何か!

sponsored link

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

Copyright© ぶるちゃんグルメ , 2019 All Rights Reserved.