褐色の食通

五ノ神水産【淡路町駅or神田駅】世にも珍しい絶品銀だらラーメンをシバく!

2019/01/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

おはこんばんにちは。ぶるちゃんです。

本日は世にも珍しい銀鱈(ぎんだら)のラーメンが食べられる五ノ神水産さんにお邪魔したぞ!

早速、場所と営業時間を把握せよ!

▼場所


住所:東京都千代田区神田多町2-9-6 田中ビル別館 1F

▼外観

▼営業時間
  • 11:00~15:00
  • 17:00~21:00

外観はラーメン屋ではなくお洒落なレストランに見えるので、見逃すなよ!

入るとすぐに食券機が左手にあるので購入していこう。

▼食券機

ん〜む!中々面白いメニューが並んでいるぞ!

sponsored link

エビ系のラーメンは最近そこまで珍しくないものの、銀だらと西京味噌のつけ麺など、普通のラーメン屋さんでは味わえなさそうなラインナップでワクワクするな〜!

▼お水はセルフサービスで、食券機のすぐ横にあるので汲んでおこう。給水機の写真は手振れが酷いが、実際はこんなにぼやけてないから安心しろ。はっはっは。

▼内観は一部のみ撮影したぞ!▼厨房 全体的に綺麗でモダンな印象だ!これは女性でも入り易いんじゃないか?

さてさて、ぶるちゃんは一番人気のらーめん銀だら搾り(780円)を注文!

尚、大盛りボタンも押したのだが、このメニューは大盛りが出来ず、代わりに替え玉が出来るとのことであった。

らーめんを待っている間、荷物どこにおこうと思って探していたら…

▼荷物置き場これ凄く良い!いつもトートバッグをどこに置こうか迷うのだが、カウンターの下にすっぽり入る感じとなっている。

便利なうえに洒落てやがるぜ…。▼更に待っている間、卓上調味料をチェック!全ては使わなかったが、右から胡椒(かな?)、一味唐辛子、山椒(かな?)、カレー粉だ!

充分に味変が出来そうな調味料は揃っているな。

▼そして、やはり、五ノ神と聞いてピンときたが、この系列のお店であったか。分かる人には分かるあの系列だ!このあたりまで勢力を伸ばしているとはな。

▼そうこうしている内に着丼!キタ~!超美味そう!あっさり魚出汁かと思いきや、濃厚そうな色、そして脂みたいなものも浮いているな!

ふっふっふ。

▼最近テクニックを覚えてきたので、上からの視点もどうぞ…!

▼早速スープを一口シバいてみる…!ングング…!これは美味い!銀だらの香りが口の中一杯に広がる上に、ただあっさりとしているだけではなく、麺に負けない様、きちんとした重厚さもあるぞ!

動物系の濃厚ラーメンが好きなぶるちゃんでも、これならば物足りなさを感じないな。

▼麺もシバいてみよう。欲張りすぎてうまく撮れなかったが、この麺は中細麺というのか、細麺よりは太い感じで、若干のパツパツとした歯切れの良さと、若干のもっちり感も兼ね揃えていたぞ!

しかし、このスープだともうちょい細い方がぶるちゃん好みだなぁ~と思い替え玉を頼んでみると…

▼替え玉(100円)違いが分かるだろうか。今度は極細麺だ!

博多の麺ともまた違うパツパツと歯切れの良い替え玉で、そのままでも食べたが、小麦の香りが良い感じに口の中に広がるぞ!

後からこの極細麺が出てきてくれるとなると、最初はデフォで入っている中細麺位が丁度良いと思えるなぁ~!

食べ終わるまでの過程で替え玉を変えることで、飽きさせない様にするお店の工夫や気配り見えるぞ!(間違えてたらすいましぇん)

▼鶏チャーシューを入れてきているのでそれらもシバき…完飲完食してお店を出たが、お店の外に出て新たな発見に気付く。

▼店外のメニュー表猪のラーメンもやっているのか…?!

いや~!人気の銀だら搾りらーめんも美味しかったが、お客さんをびっくりさせようとする創意工夫や、それだけで終わらず、美味しいものを食べさせようとする気概を感じたぞ!

君も神田か淡路町に立ち寄った際は是非きてみては如何か!

sponsored link

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

Copyright© ぶるちゃんグルメ , 2018 All Rights Reserved.