褐色の食通

春日亭【新宿駅】大食いグルメYouTuberも認めるモチモチ油そばをシバく!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

どーも皆さん、おはこんばんちは〜ん。

麺好きのぶるちゃんだ!

最近、危険な薬物が如く炭水化物の味に魅力されてな。とりあえず、標記のYouTuberが絶賛していた春日亭にお邪魔したのだ!

所々にあると思うが、まずはぶるちゃんが行ったお店からおさえていくんや!

▼場所


住所:東京都新宿区西新宿7-10-14

▼営業時間
  • 月曜~土曜⇒11:00~23:00
  • 日曜・祝日⇒11:00~22:00
  • 定休日はないとのことだが、年末年始やお盆は確認することをおすすめする。
▼外観

派手な外観や!しかし、油そばをはじめて食べたのは20年位前。高田馬場の千代作という家系ラーメン屋さんだったが、それから他店でもそれなりに油そばを食べたものの、酢や辛味、マヨネーズ等で味変するがゆえに、余り他店と変化がつきにくい食べ物、という認識だ。果たしてここ春日亭さんはどうかな?

ふっふっふ。のれんの「油っしゃいませ。」なんて洒落てるじゃないか。

おっと、雨の日だったが、外にメニューが出ていたな。

▼メニュー雨で分かりにくいが、白い脂みたいなものが乗っているのが特徴の様やな。雨のせいで脂マシの絵に見えるぜ。

入店して食券機を買っていこう。

▼食券機ぶっちゃけ分かり易い食券機とはいえないが、ぶるちゃんは上にのっている脂感が気になったので鳥豚しょうゆそばをチョイス!

食券を出すとにんにくと野菜の量を問われるが、ぶるちゃんは仕事が控えていたため、野菜マシ、にんにくなしでコール。ガビーン。

着席して例によって卓上調味料をチェックや!

▼卓上調味料結構狭い店内なので他のお客さんに迷惑をかけずに撮ろうとするとこれが限界!でも油そばに必要な調味料は揃っている様だ!

sponsored link

お!食べ方も書いてあったぞ!こういうのは親切やな。

▼食べ方ふむふむ。正直割りスープなんてものがあるのは知らなかったな。良いサービスじゃないの!ぶるちゃんはこの時見落としていたが、マヨネーズも店員さんに言えば貰える様だな。

そうこうして待っていると着丼!

▼鳥豚油そばすげ~!何かかかってるぞ!油っしゃいませ、油とうございました!その挨拶に恥じない脂だ!

上からもどうぞ。

▼上からアングル正直上から撮ってもあまり見た目は変わんなかったな。しかし、スープがない分ブログ的にはスープ写真や文章の工程が省けてありがたい。とか言ってみる。

まぜまぜする前に麺をすすってみるのね~ん!

▼麺ウマウマ~ン!正直油そばやまぜそばは麺が命だと思うが、流石、北海道産小麦粉100%!加水率高めの麺がモチモチとしており、風味も良い。これは食べ応えあるな~!

この時点で脂をまとった麺を充分にシバいたため、気になった調味料をまぜた状態でまぜまぜしていこう。

▼ぶるちゃんが混ぜたもの胡椒と唐辛子と豆板醤的なものを混ぜてみた!本来マヨネーズとか欲しかったが、店員さんに言えば無料でいただけることを失念していたので、なぜか卓上の調味料で頑張ったぞ!

▼混ぜ終わった後の絵おろろ~ん!美味そうや!トムソーヤ!シバくと大して入れていない辛味もかなり効いており、パンチも出たな!一番おすすめしたいのは、豆板醤(じゃないかもしれないけど)みたいな調味料がめちゃ合う!

しかし、見た目的に他店と違うところ言えば、ウマウマ麺と露骨にかかっている脂だと思うが、正直ぶっちゃけ脂にそこまで特徴があるとは感じなかったな。

とはいえ、自分でカスタマイズしていく楽しさと、基本のウマさしっかりしているので何しても合うよ。

チャーシューもシバいていこう。

▼チャーシューこれもウマウマンだ!変な香りもなく、柔らかくも肉質を感じる!

って他のラーメン記事でもチャーシューに関しては最近こればかり言っている気がする。お店の全体的なレベルが上がっているのかな?

sponsored link

そうこうしている内に完食!

総じて、他店と圧倒的に違う何かはそこまで感じなかったものの、麺で正々堂々勝負している油そばがぶるちゃん的には好感度大だ!久しぶりにこういうモチモチ麺をシバいた気がして満足したので、君も是非、春日亭さんに足を運んでみてはいかがか!

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

Copyright© ぶるちゃんグルメ , 2020 All Rights Reserved.