褐色の食通

元祖ニュータンタンメン本舗【新小岩駅】ニンニクたっぷりのニュータンタンメンをシバく!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

ど~も皆さん、おはこんばんちは~ん。

ぶるちゃんだ!

さて、この日はカップ麺でも販売がされている程勢力をのばしてきている「元祖ニュータンタンメン本舗」さんにお邪魔したぞ。

本店は神奈川県川崎市にある様だ。

しかし「元祖ニュー」ってつければどんなラーメンでも新ジャンルのパイオニアになれそうだな。

「元祖ニュー家系ラーメン」、「元祖ニュー豚骨ラーメン」などなど、ぶるちゃんも開業しようかなぁ…。

いずれにしても固定ファンも多いお店ゆえ、その味をしっかりと見極めていこう。

お店情報
場所


住所:東京都葛飾区新小岩1-42-10 MIWAビル1F

営業時間
  • 平日 ⇒11:30~14:00 / 17:30~23:30
  • 日・祝⇒11:30~15:00 / 17:30~22:30
  • 定休日⇒水曜日
外観

お!パチ屋の前やな。

結構前に出来たと思ってたけど、まだ全然綺麗やな。お店の中に入っていくぞ。

入店~完食に至るまで

このお店は注文制なので着席してからメニューを見て注文をしていくのだが、お店に入る前に外に出ていたメニューを激写したのでご覧いただこう。

メニュー

うむ!初入店のお店なので、スタンダードな「タンタンメン(830円)」「小ライス(150円)」を注文!

尚、辛さを聞かれたので「普通」オーダー!

てか、結構良いお値段するやな!これも増税の影響か…?

国政は社会的弱者のぶるちゃんをこれ以上虐めないでいただきたい。

気を取り直し、着席して卓上調味料をチェック!

卓上調味料

なるほど、辛味の足りない人用に一味唐辛子が置いてあるやな。

そうこうしていると着丼!

タンタンメン

お!素敵なビジュアルだ!

別アングルも撮ったど。

別アングルタンタンメン

上にトッピングされているのはひき肉と卵なのだが、厨房を見てたところ、一杯一杯鍋で丁寧に作っているのね。

てか写真じゃ分からないと思うけど、器とレンゲがめちゃデカい笑

着丼した時ぶるちゃん笑っちゃいましたよ。

早速スープからいくど!

スープ

ほぅ!結構澄んだスープやな。

でも味的にはひき肉等の旨味と辛味がマッチしていて、すっきりながらもつい癖になる味わいを実現している!

うん、辛いの好きな人ならもっと辛いバージョンでハマる人結構いるやも!

そして、にんにくの香りがビンビンくる。

ビジュアル面でもにんにくが確認できるが、かなりの量が入っていると推測されるぞ!

お次は麺をいってみよう。

う~む、某有名グルメサイトの色々な人のログで、「麺が合わない」というが多々見受けられたが、そこまで悪くはないものの、なんかもう一つピンとこない感じではある。

このスープなら麺よりもライスの方がグンバツ(抜群)に合いそうだ!

ライスを頼んでおいてよかった…!

チャーシュー等はないので、味変していくぞ!

味変

やはりここは辛味で攻めたいところだ。

てかレンゲがデカいので、全体にかけなくても試せるのは良いところだね。

最後はおじやを作っていこう。

おじや

うむ!今日一で美味いな。やはりこのスープはライスに合う!

家系ラーメンとかとはまた全然違うアプローチではあるけどね。

まとめ

総じて、所謂最近はやりの意識高い系のラーメン屋さんとは別のところで勝負している感じで、親しみ易く癖になる味わいを目指している印象だ!

ただ、チャーシューとか無いなら、もう少しお安くしてくれるとありがたいな。

でも、スープに関しては中毒性がありそうなスープで、ファンが出来るのもとてもわかる一品な上、にんにくでスタミナもつきそうだし、お店にも「チョイ飲み大歓迎」と書かれているとおり、飲み会のシメのお店として、お酒を呑んだ後タンタンメンでしめるのは結構良いだろうな。

君も是非、元祖ニュータンタンメン本舗さんに訪れてみてはいかがか!

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

Copyright© ぶるちゃんグルメ , 2020 All Rights Reserved.