褐色の食通

175°DENO担担麺 TOKYO【新宿駅】シビれる辛さ!北海道で人気の坦坦麺はTOKYOでも大盛況だ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

どうも皆さん、おはこんばんちは~ん。

辛いものを食べるとイグアナみたいに喉が腫れるのに、辛いものが大好きなぶるちゃんだ!

じゃあ辛いの食べなきゃいいのにと思うそこの君。グルメ賢人に勝ると言うだろ?言わねーし意味分からんか。

と、いうことで本日は北海道で大人気といわれている175°DENO坦坦麺さんに訪れたぞ!本店は札幌とのこと。

北海道はぶるちゃんも目を見張るグルメの地だ。もっとも、行ったこともないし、行く金もないので都内でシバけるこのお店の場所から教えていくぞ。

▼場所


住所:東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿MSビル 1F

▼営業時間
  • 11:00~24:00(L.O.24:00)
  • 定休日はなしとのことだが、年末年始等は確認が必要だ!
▼外観

綺麗なお店やな!外観からも東京で勝ち上がる気概を感じるぞ!負け犬(猫だけど)のぶるちゃんからすると勇気をもらえるな。

お店の外にメニューが張ってあるな。

▼メニュー入店して直ぐ左に食券機があるので買っていこう。

▼食券機ぶるちゃんは初めてゆえ、びびったのか汁なしシビれるをチョイス!また麺の量は150gか200gを選べるので当たり前の様に200gをチョイスだ!

着席して卓上をチェックしていこう。

▼卓上調味料調味料も辛そうなのがあるので、足らない人は足してくれって感じかな?

お!食べ方も書いてあったぞ!

▼食べ方これはわりかし、いや、極普通のことが書いてあったな。

お店のシステム的なやつも載せておこう。

▼メニューに書いてあったことココイチみたいに色々選べるみたいやな!

そうこうしていると着丼!

▼汁なしシビれる200g綺麗や!たったひとつ確かなことがあるとするならば君は綺麗だ~!

▼グッバイ!はっはっは。お店の食べ方に則り、綺麗な君をマゼマゼしてやったぞ。映画、ジョーカーを見てから全てが喜劇に見えるぶるちゃんであった。笑いが止まらんぞ。

sponsored link

尚、ぶるちゃんはヒゲ●ンをフルで一曲聞く位なら、パンテラを6時間聞くほうを選ぶ。

オルタナティブな麺からすすっていくぞ。

▼麺をシバく!ウマウマウマン!麺がモチモチや!やはり人気のお店、しかも汁なしも看板の一つとしているだけあって、麺に自信を感じられる。しかし、舌的に辛いものが大好きなぶるちゃんでも、凄くシビれるな!ホアジャオがかなり効いてるぞ!これ、もっと辛いのにしたらどうなるんだろう。

辛い調味料もかけてみよう。

▼味変辛~~~い!辛いけどウマン!流石中本さんの近くに出すだけはあるし、中本とは全く違う路線で勝負しているところが好印象だ!

舌もビリビリしながら感触!

総じて、坦坦麺や汁なし坦坦麺はあまりなじみがないものの、確かなクオリティとウマさを感じるし、他の地に厳しい都内ど真ん中でお客さんに愛されるているのが良くわかる程満席だったので、君も是非、このお店に来てみてはいかがか!

sponsored link

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

Copyright© ぶるちゃんグルメ , 2020 All Rights Reserved.