褐色の食通

豚骨一燈【小岩駅】一燈ブランドとしては普通のつけ麺系だが、最後までスッキリシバけるのはお見事!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

どーも皆さん、おはこんばんちは〜ん。

最近色欲に狂っているつけ麺好きのぶるちゃんだ!

そして食欲も旺盛なので、コロナウィルスが蔓延している今日この頃であるが、この日は鶏油(チーユ)で殺菌すべく、以前から気になっていた家系ラーメンの作田家さんに行こうとしたら、なんと営業時間外だったのだ!

あら〜ん!

sponsored link

ということで、過去に来訪済みではあるが、当ブログでは初となる豚骨一燈さんにお邪魔したぞ!作田家さんの向かいやな。

場所や外観はこちら!

▼場所


住所:東京都江戸川区西小岩4-14-23 岡本ビル 1F

▼営業時間
  • 昼の部⇒11:00~14:30
  • 夜の部⇒18:00~21:30
  • 定休日⇒火曜日・水曜日(臨時営業の場合有り)
▼外観

結構前からあるのにまだまだ綺麗なお店やな!一燈の本店もそうだが、このあたりの管理がしっかりしている気がする!

お!外にメニューが張ってあるな。

▼外にあったメニュー食券機制なので、ここで決めてから入った方がスムーズだろう。「豚骨」を強調するからにはやはりラーメンかな、と思いきや、一燈さんと言えばつけ麺のインパクトがハンパないイメージなのでつけ麺にしとこう。

入店して食券機を買っていこう。

▼食券機ほぅ…!一杯あるね!一燈さんの麺は秀逸なので油そば等にも惹かれるものがあるが、ここは最初の算段通りつけ麺を選択!

着席して例によって例が如く卓上調味料のチェックや!

▼卓上調味料酢とラー油、そしてにんにくや胡椒、一味唐辛子という感じで一通り揃っているな!さすがや!

お!割用スープもあるぞ!

▼割用スープちゃんと卓上に置いてあることが高感度アップ!

そうこうしているとつけ麺が着丼!

▼つけ麺お~!やはり器は本店と同じガラやな。麺もツヤツヤしているので期待が高まるぞ!

まずは麺のみですすってみよう。

▼麺ウマウマン!先日のつけ麺一燈記事でも言ったとおり、一燈グループさんの麺は一定のクオリティがあるな。さすがや!

お次はつけ汁や!

▼つけ汁ウマウマン!だがしかし!豚骨魚介つけ麺だけあり、新味に欠けるとは思うものの、柚子が入っているなどさっぱりした後味!やるな!

麺とつけ汁を一緒にシバいていこう。

▼麺&つけ汁

見て分かったとおり、ぶるちゃんはざる蕎麦と同様、麺の先にしかつけ汁をつけない派だ!
(※つけ汁の味が薄い時は別)

sponsored link

これは中々ウマウマンやなぁ。前述したとおり普通と言えば普通なのだが、くどくない様に工夫されている。このあたりが一燈さんブランドのプライドを感じるぞ。

▼チャーシューウマウマン!肉質を感じるも、程よく柔らかいチャーシュー(同じ様なコメントを他の記事でも言っているな)がとてもウマンだ!

味変もしていこう。

▼一味唐辛子これも中々やな。もっとも、七味唐辛子より一味唐辛子が好きになった時期があり、信州の七味をシバいてからは更に今七味唐辛子ブームが来ているぶるちゃんとしては、七味も置いて欲しいと思うがな。

何度も書いて恐縮だが、濃厚なのにすっきり後味のため一気に完食!最後はスープ割りや!

▼スープ割り完飲!

総じて、味は良くある豚骨魚介つけ麺なのだが、食べ終わってみると重たくなく、最後まですっきりシバける仕様となっているところがやはり一燈ブランドさんのプライドを感じるな!

君も是非!小岩駅に来た際は豚骨一燈さんにお邪魔してみてはいかがか!

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

Copyright© ぶるちゃんグルメ , 2020 All Rights Reserved.