褐色の食通

青森産最高級にんにくを使用したホイル焼き&ステーキをシバく!最高や!

2019/01/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

ふっふっふ。ぶるちゃんだぞ。

今日はかねてから紹介しているH君が地元の青森県に帰郷したとのことで仕事を一週間も休んでいたのだが、青森産の最高級にんにくをお土産で頂いたので、どう料理しようか迷っていたところだ!

早速紹介するぞ!丸々太ったにんにくはこいつだ!

▼本日のメイン食材シュール!絵的にシュールだぜ!このままだと旨さが伝わらないが、こんなに丸々と太ったにんにくは初めてである。

グルメというか料理人(?)としてはては腕が鳴るぜ…。他方、この食材に恥じない調理をしたいところだ。

…悩ますぃ…!大間のマグロとかウニならまだやり様があったのに「にんにく」ってホイル焼き位しか浮かばないぜ!なぜにんにくをチョイスしたんだぁ!H君!

でもありがとうね!アガったよ…!

と、いうことでとりあえずホイル焼きを作ってみたぞ!味付けは塩&ごま油や!

▼ホイル焼き電子レンジに入れて加熱したらパチパチ火花が飛んでいたので、爆発を恐れ直ぐにスイッチを切った後にフライパンで加熱したぞ!

にんにくと思って侮るなかれ…。気をつけろ!大怪我をするぞ!

さぁ15分位加熱をした後の最高級にんにくをご覧いただこう。

▼完成品見た目じゃ分からないかもしれないがホクホクだぞ!ホクホク!お芋さんみたいな食感だ!

この点、中国産でもホクホクにはなるのだが、デカさが違う!酒の肴には国産が良いと覚えておけ!

ホイル焼きはオリーブオイル説とバター説やゴマ油説等があるのだが、ここでごま油をチョイスしたのは理由がある。

実は折角H君から貰ったにんにくに恥じない様に…

▼お肉を用意まぁ安い肉だが、にんにくプラスアルファがあった方が最高級食材(にんにく)も際立つという算段だ!

ここで初めて気づいたのだが、青森県産最高級にんにくを包丁でスライスしていくと…軽い!中国産にんにくと比べて玉葱の様にしゃきしゃき音と共にスイスイ切れるぞ!

みずみずしいという表現がピッタリだろうか。また、匂いもツンとせずに、これはオナゴとの密会の時でも食べられるんじゃないかという香りだ!

流石に怖いので一人の時しかこんなににんにく食べないがね!

安肉と侮るなかれ、筋を切り、オリーブオイルを惜しまず使ってにんにくの香りを移して軽く焦がす様に丁寧に焼いていくと…

▼調理風景どうだ!この見た目は!最近結構うまく撮れる様になってきたんじゃないか?カリカリにしていくイメージで焼いていくぞ!

出来上がったのはこちら。

▼完成品やるじゃないか!そう!オリーブオイルで焼き、バターをのせる事を考慮してホイル焼きはごま油を使ったのだ!

何とも胃にもたれる組み合わせではあるが…美味!

▼肉の断面を見ても分かるとおり、この香り&絶妙な焼き加減で…いい感じのレア感も出せて最高に旨い!バターをのせるのはアメリカチックだが、安い肉の場合は香りも良くなるしオススメだぞ!良い夜であった…!

安さに負けて中国産のにんにく等を好んで使っているそこの君!是非一度最高級のにんにくを使用して調理してみると良い。感動するぞ!

酒にも最高に合う、青森県産の最高級にんにくであった…!

sponsored link

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

Copyright© ぶるちゃんグルメ , 2018 All Rights Reserved.