褐色の食通

麺匠克味【立川駅】この辺りでドロドロの豚骨ラーメンをシバきたければここだ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃん
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

どーも皆さん、おはこんばんちは〜ん。

豚骨好きのぶるちゃんだ!

さて、この日は友人のKマンの家に遊びにきててな。家飲みで盛り上がっていたところ、帰りに一人でラーメンをシバきにきたのだった。

立川といえば立川マシマシさんな気もしたが、先日大井町付近でマズイ二郎系をシバいたので慎重になっていたぞ。

と、くればラーメンスクエアということで、曙橋にある超濃厚なラーメンがシバける克味さんの豚骨がシバけると聞いている立川北店にお邪魔したのだ!

まずは場所を教えるぞ!

▼場所


東京都立川市柴崎町3-6-29 アレアレア2 3F

▼営業時間
  • 月~土曜日⇒11:00~23:00(ラストオーダーは22:30)
  • 日曜日⇒11:00~22:00(ラストオーダーは21:30)
  • 祝日は月~土と同じらしいぞ!
▼外観(ラーメンスクエア)

お~!アレアレアというビル名は謎だが、なんか貫禄ある看板が並んでいるな。

▼外観(麺匠克味)

ビル内だが、外観は派手やな!さて、入店すると食券機制なので、超濃厚豚骨ラーメンを購入!

酔ってたけど、気になる食券機もしっかりと激写したぞ。

▼メニュー

ふぅ〜酔っていたが、しっかり撮れていて良かった…!

▼着席して卓上調味料をチェック!調味料も一通り揃っているじゃないの!こういうのを撮る気概というか、ラーメンを待っている間も時間を無駄にしないのもぶるちゃんの良いところだな。

程なくすると着丼!

▼超濃厚豚骨ラーメン(850円)おお〜!見るからにドロドロやないか!上からのアングルもご覧いただこう。

▼上からのアングル美味そうや!レンゲが立つか試してみよう。

▼レンゲを立てる。立った!立ったぞ!とはいえ、実際はギリギリ立つ位の粘度。麺と絡ませてちょっと無理してレンゲを立たせたのであった…!

後述する張り紙で確認したのだが、どうやら「MAX豚骨チョモランマ」というのを頼むと、更にどろどろになりレンゲが余裕で立つらしい。

ちょっと待っていただきたい。私はレンゲを立てにきたのではない。美味いものをシバきにきたのだ。つまり粘度の高さではなく味なので、早速スープからシバいていこう。

▼スープドロドロや!そしてウマウマンだ!遠慮のない豚骨感!素晴らしい!

だが、少し小麦粉感というか、臭みを感じるな。そんな時は…

▼卓上のラーメンだれを投入!臭みが気になる人は、このカエシ的なものを入れてみよう。エッジの効いた味になり、臭みは気にならなくなり、美味くなるぞ!

お!スープに関しては、何やら説明書きがあるな!

▼スープにかかわる張り紙これはアブネゲーション(危ない)だな。濃厚且つ素材に拘っているとのことで、前述の臭みのことは忘れていただこう。

お次は麺だ!

▼麺豚骨にしては珍しく太麺である!そして歯応えを意識して、固めに茹でられてるな。正直これは細麺の方が良かったな~と思っていると…

▼張り紙どうやら替え玉から細麺で食べるらしいな!この豚骨ファンに対する姿勢もなかなかのものだ!

お次はチャーシューだ!

▼チャーシューこれは見事!柔らか系でホロホロと口の中で溶けていく感じが、ぶるちゃん好みのチャーシューやな。

そんなこんなでシバきまくり、あっという間に麺を完食したが、この時点でかなり食べてたので、替え玉はちょっとなぁ…と思い…

▼ライスを注文!中々良いお米だ!と、いうか、替え玉よりこっちの方が太るんじゃないかと思う程の量だ!

こいつを残ったスープの中にぶちこもう。

▼その絵なんて下品な絵なんだ!とはいえ、しっかりとかき混ぜていけば何とかなるだろう。

▼豚骨雑炊ん~む、米粒をスープに綺麗に写し、箸をどかせばよかったかな?

▼さておき、シバいていこう。ウマウマンだ!濃厚な感じが中々たまらないぞ!やはり、これもカエシ的なものを入れてシバいたほうが引き立つな。

総じて、一般的な福岡豚骨と思い食べると、違和感を感じるだろう。しかしながら、ありふれた豚骨社会に一石を投じる程の濃度はグンバツ(抜群)であり、カエシを入れるとただ濃厚なだけではなく、旨味を全面に感じるラーメンだ!この前衛的なラーメンを、君も是非シバいてみてはいかがか!

sponsored link

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるちゃん
ぶるちゃんです。美味しいものを食べたりお酒を飲んだりするのが大好きなのでグルメ情報を提供していくぞ!

Copyright© ぶるちゃんグルメ , 2019 All Rights Reserved.